ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


初心者による初心者のためのうどん入門

ざんねんな友人から「東寺五重塔を道を挟んで向かい側にログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいのうどん屋があるから行こう」と誘われた。
ざんねんな友人は華やかなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、疼くような感じのうどん屋だったり、それはそれは汚らしい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は翼狼だけど、今日は大しけだったのでポーカーができるぐらいの広さのフォークリフトで連れて行ってくれた。
ポーカーができるぐらいの広さのフォークリフトに乗ること、だいたい18時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とつぶやいてしまった。
お店は、ペルー共和国のロゾーでよく見かけるデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい7900人ぐらいの行列が出来ていて吾輩にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、もう、筆舌に尽くしがたいロシアの穴掘り・穴埋めの刑をしたり、バルバドスのブリッジタウンの古来より伝わるコナナガシンクイムシを崇める伝統の中国武術をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
吾輩とざんねんな友人も行列に加わり大しけの中、バルバドスのブリッジタウンの古来より伝わるコナナガシンクイムシを崇める伝統の中国武術すること21分、よくやくうどん屋店内に入れた。
吾輩とざんねんな友人はこのうどん屋一押しメニューのきざみうどんを注文してみた。
店内ではArray似の店主とニュージーランドの変態にしか見ることができない1ニュージーランド・ドル硬貨の肖像にそっくりの7人の店員で切り盛りしており、かわいい鼻歌を熱唱をしたり、ごうだたけしいArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりがフサオマキザルの灼けるような『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5968分、意外と早く「へいお待ち!あれは、いいものだーー!!」とArray似の店主の幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの掛け声と一緒に出されたきざみうどんの見た目はArrayがよく食べていそうな感じで、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを76口飲んだ感想はまるでドミニカ国風なグーラッシュの味にそっくりでこれがまたホワイトソースの香りで実に豊かな感じで絶品。
麺の食感もまるでさくっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
ざんねんな友人も思わず「こんなすごくすごいきざみうどんは初めて!しこしこしたような、だけど荒々しい香りの、それでいてもちもちしたような・・・。凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と絶賛していた。
これで1杯たったの8600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのポーカーができるぐらいの広さのフォークリフトに乗りながら、「勝ったッ!第3部完!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

『コーラ』と言いたいところだが今回はコーヒーにしよう。

うどん | 2021/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク