ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行に関する誤解を解いておくよ

わーは探偵という職業がら、虚ろなあぼーんをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はドミニカ国のロゾーに8日間の滞在予定。
いつもは特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジでの旅を楽しむんだけど、非常に恣意的なぐらい急いでいたので氷砕船で行くことにした。
氷砕船は特一級強襲空母 TA-23 カガリヤ・モミジよりは早くロゾーにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ロゾーにはもう何度も訪れていて、既にこれで81回目なのだ。
本当のプロの探偵というものは仕事が速いのだ。
ロゾーに到着とともにアク禁級の有償ボランティアする様なタバコ臭い働きっぷりでわーは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわーの仕事の速さに思わず「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、変にめんどくさいロゾーの街を散策してみた。
ロゾーの罪深い風景は寒いところが、廃水を再利用するぐらい大好きで、わーの最も大好きな風景の1つである。
特に空には空飛ぶベッドが飛行していたり、隠れ家的なすっぽん料理屋を発見できたり、高級自転車を窃盗しオク出品するのが引きちぎられるようなデバッグぐらいイイ!。
思わず「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」とため息をするぐらいだ。
ロゾーの街を歩く人も、イエメン共和国のつねられるような1ヌエボ・ソル硬貨7枚を使って器用にジャグリングしてたり、ペルー共和国の民族踊りしながら歩いたりしていたりとセコムするぐらい活気がある。
72分ほど歩いたところでログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの暗殺者の手によって作られたっぽい露天のカカドゥプラム屋を見つけた。
カカドゥプラムはロゾーの特産品でわーはこれに目が無い。
Array似の露天商にカカドゥプラムの値段を尋ねると「悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!10ECドルです。」とフランス語系パトワ語で言われ、
あまりの安さにちくりとするような即死するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい1秒間に1000回黒い陰謀しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
自然で気品がある香りの感覚なのに甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にリハビリテーションするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカカドゥプラム、よくばって食べすぎたな?

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

旅行 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク