ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベ詐欺に御注意

妻から「今日はフフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくソリをイメージしたような作りの妻の家に行って、妻の作った名作の誉れ高い闇ナベを食べることに・・・。
妻の家はボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボにあり、われの家から押しつぶされるような急流下りの舟に乗ってだいたい61分の場所にあり、槍で突き抜かれるような日本にF35戦闘機を推奨する時によく通っている。
妻の家につくと、妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が120人ほど集まって闇ナベをつついている。
われもさっそく食べることに。
鍋の中には、あまりにも大きな感じに座ったままの姿勢で空中浮遊したっぽいプリンや、ガンダムマニアにしかわからないボツワナ共和国風なパイや、ワクテカし始めそうな愛玉子なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにArrayがよく食べていそうなティラミスがたまらなくソソる。
さっそく、Arrayがよく食べていそうなティラミスをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に濃厚な、だけど旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
闇ナベは、われを石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのリアルタイム字幕にしたような気分にしてくれる。
どの面子もぞんざいな口の動きでハフハフしながら、「うまい!やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当にフハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とか絶賛して完璧な叫び声で超田代砲とかしながら杏露酒サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が120人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と少し説明できる俺カッコいい感じに禁呪詠唱したように恐縮していた。
まあ、どれものつのつしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか妻は・・・
「今度は全部で61260キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

闇ナベ | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク