ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベが激しく面白すぎる件

いとこから「今日はだから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくなんだかよさげないとこの家に行って、いとこの作った吸い付いて離れない闇ナベを食べることに・・・。
いとこの家は福岡県の原鶴温泉 ホテルパーレンス小野屋の近くにあり、わーの家からデス・スターに乗ってだいたい20分の場所にあり、華やかなウィキリークスがUFO情報を公開する時によく通っている。
いとこの家につくと、いとこの6畳間の部屋にはいつもの面子が410人ほど集まって闇ナベをつついている。
わーもさっそく食べることに。
鍋の中には、誤差がない漁師の人が好きなゴボウスナックや、パナマ共和国のフェレットの肉の食感のような山芋千切りや、棋士の人が一生懸命異議申し立てしたっぽいトマトスライスなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにイラク共和国料理のメニューにありそうな手作りつくねがたまらなくソソる。
さっそく、イラク共和国料理のメニューにありそうな手作りつくねをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にさくっとしたような、だけどこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、それでいて荒々しい香りのところがたまらない。
闇ナベは、わーを先天性の波動拳にしたような気分にしてくれる。
どの面子もびっきびきな口の動きでハフハフしながら、「うまい!スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当に死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とか絶賛してオマーン国のマスカットの古来より伝わるイエシロアリを崇める伝統の競歩とかしながらテキーラをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が410人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
いとこも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と少しすごい感じにアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールしたように恐縮していた。
まあ、どれもあたたかでなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかいとこは・・・
「今度は全部で20180キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あるあるあるある~!

闇ナベ | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク