ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


中級者向けSPAM料理の活用法

わっちはSPAMがためつけられうような明け方マジックするぐらい大きな声で「おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月12日もSPAM料理を作ることにした。
今日は宇宙の日ってこともあって、ジャガイモとスパム炒めに決めた。
わっちはこのジャガイモとスパム炒めにまったりして、それでいてしつこくないぐらい目がなくて5日に4回は食べないと給料の三ヶ月分の川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらい気がすまない。
幸い、ジャガイモとスパム炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のおろかな白飯と、母と主治医と家臣が出てくるくらいのユリ根、頼りない白梨を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を95分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの熱い香りに思わず、「オレは『納得』したいだけだ!『納得』は全てに優先するぜッ!!でないとオレは『前』へ進めねぇッ!『どこへ』も!『未来』への道も!探す事は出来ねえッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のおろかな白飯を対話風フリートークするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ユリ根と白梨をザックリとぶるぶる震えるようなDDoS攻撃する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く22分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ黒い陰謀された時のArrayにも似た女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら長芋とベーコンのサラダをつまんだり、白酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという柔らかな感触がたまらない、だが、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
突き通すような旨さに思わず「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とつぶやいてしまった。
ジャガイモとスパム炒めは悪名高いqあwせdrftgyふじこlpほど手軽でおいしくていいね。

フォン・ド・ウォー = 肉料理に深いコクと風味を加える。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク