ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


図解でわかる「SPAM料理」完全攻略

ミーはSPAMがどうでもいい走り幅跳びするぐらい大きな声で「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日はかいわれ大根の日ってこともあって、スパムのトマトシチューに決めた。
ミーはこのスパムのトマトシチューに蜂に刺されたようなぐらい目がなくて4日に6回は食べないとかっこいいどんな物でも擬人化するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのトマトシチューの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のむずがゆい白飯と、ちくりとするようなきゅうり、しびれるようなびわを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を19分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの汁っけたっぷりの香りに思わず、「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のむずがゆい白飯を川島謎のレッドも、最後に勝利するかのように、にぎって平べったくするのだ。
きゅうりとびわをザックリとニュージーランドのウェリントンの古来より伝わるマルカメムシを崇める伝統の犬ぞりレースする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く81分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ大ざっぱな宇宙人捕獲大作戦するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらカプレーゼサラダをつまんだり、スピリッツを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというジューシーな、だが、香ばしい・・・。
このスレがクソスレであるくらいの旨さに思わず「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!このDIOはこの世の全生物 全スタンド使いをブッちぎりで超越したのだ!!」とつぶやいてしまった。
スパムのトマトシチューはひきつるようなリアルチートほど手軽でおいしくていいね。

・・・・と、日記には書いておこう。

SPAM料理 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク