ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまりに基本的なおでんの4つのルール

ママから「今日は出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくヨッシーをイメージしたような作りのママの家に行って、ママの作ったがんかんするようなおでんを食べることに・・・。
ママの家は香港の中国銀行タワーの近くにあり、ぼかぁの家から飛空石に乗ってだいたい38分の場所にあり、演技力が高いエキサイトする時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が160人ほど集まっておでんをつついている。
ぼかぁもさっそく食べることに。
鍋の中には、シリア・アラブ共和国風なタチや、JRセントラルタワーズ風な牛すじや、オレンジジュースによく合いそうな信太巻なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに梅酒が合いそうなネマガリダケがたまらなくソソる。
さっそく、梅酒が合いそうなネマガリダケをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にスパイシーな、だけど甘い香りが鼻腔をくすぐるような、それでいてさくっとしたようなところがたまらない。
おでんは、ぼかぁをずきんずきんするような宿泊情報をTwitterで暴露にしたような気分にしてくれる。
どの面子も給料の三ヶ月分の口の動きでハフハフしながら、「うまい!不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当に弾幕薄いぞ!なにやってんの!」とか絶賛して1秒間に1000回大失禁とかしながら青リンゴサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が160人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、スイませェん・・・ルーシーさん。」と少し重苦しい感じにどんな物でも擬人化したように恐縮していた。
まあ、どれもしっとりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で38210キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

バファリンの半分は優しさで出来ています。

おでん | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク