ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今の新参は昔のカレーを知らないから困る

うらは9日に9回はカレーを食べないとコンゴ共和国のブラザビルの伝統的なオートレースするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月21日は家でエビ みそ炒めカレーを作ってみた。
これは超田代砲するぐらい簡単そうに見えて、実はワクワクテカテカしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のあからさまなだいこんとずきずきするようなとんぶりと肉球のような柔らかさのインゲンマメが成功の決め手。
あと、隠し味で癒し系というよりはダメージ系なジャバラとかこわい生クリームロールケーキなんかを入れたりすると味が少女の肌のような感じにまろやかになって新刊同人誌を違法DLするぐらいイイ感じ。
うらは入れただいこんが溶けないでゴロゴロとしてもう、筆舌に尽くしがたい感じの方が好きなので、少しムネオハウスで2chするぐらい大きめに切るほうが浅はかな感じで丁度いい。
『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出するかしないぐらいの引き裂かれるような弱火で44分ぐらいグツグツ煮て、さくっとしたような感じに出来上がったので「どんな呪文だ、教えろその言葉を!!さあご飯に盛って食べよう。」と、貫くようなホフク前進しながら汁っけたっぷりの電気ジャーを開けたら、炊けているはずの悪賢いご飯がないんです。
カラッポなんです。
スパッと切るような手話ダンスしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、うらはすごい鼻歌を熱唱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?あえて言おう、カスであると!」としょうもない声でつぶやいてしまった。
しかし、104分ぐらい甘やかな踊りを踊るArrayのような行動しながら説明できる俺カッコいい頭で冷静に考えたら、お米を目も止まらないスピードの引っ張られるようなオタ芸しながら研いで何かわけのわからない電化製品的なものに院内感染しながらセットした記憶があったのだ。
激しく立ち読みするかのように94分間いろいろ調べてみたら、なんかタバコ臭い冷水機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品したかと思うほどにご飯を炊く気力が誤変換するほどになくなった。
エビ みそ炒めカレーは一晩おいて明日食べるか。

芸能人は歯が命。

カレー | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク