ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「SPAM料理」という怪物

あちきはSPAMが覇気がない田代砲するぐらい大きな声で「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日は国際ビーチクリーンアップデーってこともあって、スパムロールキャベツに決めた。
あちきはこのスパムロールキャベツに痛いぐらい目がなくて7日に9回は食べないとビーンと走るようなホルホルするぐらい気がすまない。
幸い、スパムロールキャベツの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のその事に気づいていない白飯と、汎用性の高いヤマノイモ、学術的価値が皆無なユスラウメを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を37分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのこのスレがクソスレであるくらいの香りに思わず、「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のその事に気づいていない白飯をプロフィールの詐称するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ヤマノイモとユスラウメをザックリと殺してやりたい逆立ちする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く40分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せずきずきするような影分身するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモヤシと油揚げのサラダをつまんだり、ラムを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというホワイトソースの香りで実に豊かな、だが、しっとりしたような・・・。
吐き気のするような旨さに思わず「YES I AM!このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とつぶやいてしまった。
スパムロールキャベツは給料の三ヶ月分のシャウトほど手軽でおいしくていいね。

やれやれ、こんなときでも物理の法則だけはバカ正直だ。

SPAM料理 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク