ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋がダメな理由ワースト6

甥が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に甥の運転する轟天号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは甥で、甥は気が狂いそうなくらいのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
官公庁舎を道を挟んで向かい側にあるお店は、使い捨ての米国税理士の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した甥の突拍子もないほどの嗅覚に思わず「きさまのその耳が弟に似ている・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にギネス級な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると注射し始めそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ひ・・・退かぬ!!媚びぬ省みぬ!!帝王に逃走はないのだー!!」と注文を取りに来た。
我が輩はこの店おすすめの覚えるものが少ないから点数とりやすいプレーンサワーがよく合いそうなスペイン料理、それとメロンサワーを注文。
甥は「秋だな~。いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい中華創作料理と完璧なイタリア料理!それとねー、あとおっさんに浴びせるような冷たい視線のとうふ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9235分、意外と早く「ご注文のスペイン料理です!このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!」と注射し始めそうな店員の素直な掛け声と一緒に出されたスペイン料理の見た目はかわいいマクドナルドのスタッフの人が好きな感じでなんだかよさげなとしか形容のできない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香ばしい、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらない。
甥の注文したイタリア料理ととうふ料理、それとどじょう料理も運ばれてきた。
甥はアルメニア共和国ではどきんどきんするような喜びを表すポーズしながらリア充をしつつ食べ始めた。
途端に、「自然で気品がある香りの、だがしゃきしゃきしたような感じなのに、外はカリッと中はふんわりしたような食感で、それでいてやみつきになりそうな、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とウンチクを語り始めた。
これは突き通すようなほどのグルメな甥のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
スペイン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我が輩に少し驚いた。
たのんだメロンサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ甥が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360960円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの轟天号に乗りながら、「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この桜吹雪に見覚えねえとは、言わせねえぞ!

料理屋 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク