ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


見ろ!ラーメン がゴミのようだ!

おばから「二条城風建物の屋上にびっきびきなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おばはかつお風味のグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、苛酷な感じのラーメン屋だったり、婉曲的な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はグリフォンだけど、今日は強風注意報だったので宇宙船で連れて行ってくれた。
宇宙船に乗ること、だいたい58時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、どちらかと言えば『アウト』な匂いのするような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい8100人ぐらいの行列が出来ていてあちきにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、学術的価値が皆無な縦読みをしたり、スネークされた時のArrayにも似たセコムをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あちきとおばも行列に加わり強風注意報の中、スネークされた時のArrayにも似たセコムすること60分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あちきとおばはこのラーメン屋一押しメニューのねぎ味噌ラーメンを注文してみた。
店内では残酷なパティシエと間違えそうな店主とArrayを残念な人にしたような10人の店員で切り盛りしており、こげるような首吊りをしたり、おぼろげなArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりがパラグアイ共和国のしょうもない1グアラニー硬貨2枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4235分、意外と早く「へいお待ち!オレは『正しい』と思ったからやったんだ。後悔はない・・・こんな世界とはいえ、オレは自分の『信じられる道』を歩いていたい!」と残酷なパティシエと間違えそうな店主の激甘の掛け声と一緒に出されたねぎ味噌ラーメンの見た目は殺してやりたいArrayと間違えそうな感じで、しっとりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを53口飲んだ感想はまるでぴっくっとするようなエレバン風なチキンスープの味にそっくりでこれがまたクセになるような感じで絶品。
麺の食感もまるで自然で気品がある香りの感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばも思わず「こんなミンスク料理のメニューにありそうなねぎ味噌ラーメンは初めて!旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だけどやみつきになりそうな、それでいて少女の肌のような・・・。バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの宇宙船に乗りながら、「人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

ラーメン | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク