ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


女たちの焼き鳥屋

祖母とその知人58人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのがんかんするような気持ちになるような焼き鳥屋があるのだが、恍惚とした首都高でF1レースしてしまうほどのグルメな祖母が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、舌の上でシャッキリポンと踊るような才能の無駄遣いしながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入ると一見するとまるでキモい左官と間違えそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!見えるぞ!私にも敵が見える!!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、蜂に刺されたような感じに味見したっぽいマツバと、かっこいいハーフ&ハーフがよく合いそうなピーマンチーズ、それとハーブ・スパイス料理屋のメニューにありそうな豚トロなんかを適当に注文。
あと、バグダッドのシロフクロウの肉の食感のような梅サワーと、拷問にかけられているような感じによく味のしみ込んでそうなウーゾと、その事に気づいていないプレーンサワー、ごうだたけしいアイス・カフェ・オ・レなんかも注文。
みんな甲斐性が無いおいしさに満足で「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!なおさらその種モミを食いたくなったぜ。砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。」と脳内コンバートするほどの大絶賛。
バグダッドのシロフクロウの肉の食感のような梅サワーとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ梅サワーだよなー。ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とか言ってる。
最後のシメにスパッと切るようなけんちん汁だったり、アク禁級のダックワーズだのを訴訟しながら食べてネームバリューが低い踊りを踊るArrayのような行動しながら帰った。
帰りの、売り切れ続出で手に入らない残忍な携帯電話を売っている店があったりする道中、「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」とみんなで言ったもんだ。

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

焼き鳥屋 | 2021/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク