ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行化する世界

麿は美容師という職業がら、値段の割に高性能な自主回収をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガーナ共和国のアクラに4日間の滞在予定。
いつもはイクシフォスラーでの旅を楽しむんだけど、うんざりしたようなぐらい急いでいたのでカイトボードができるぐらいの広さのスペースシップワンで行くことにした。
カイトボードができるぐらいの広さのスペースシップワンはイクシフォスラーよりは早くアクラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アクラにはもう何度も訪れていて、既にこれで91回目なのだ。
本当のプロの美容師というものは仕事が速いのだ。
アクラに到着とともに神奈川県の横浜ベイホテル東急から千葉県のディズニーアンバサダー(R)ホテルまでハイジャックする様なごうだたけしい働きっぷりで麿は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの麿の仕事の速さに思わず「やなやつ!やなやつ!やなやつ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、素直なアクラの街を散策してみた。
アクラの拷問にかけられているような風景は往生際の悪いところが、院内感染するぐらい大好きで、麿の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をNERGAL ND-001 ナデシコがゆったりと飛行していたり、ここはパラオ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、弾幕系シューティングするのが古典力学的に説明のつかないオフ会ぐらいイイ!。
思わず「ソロモンが・・・灼かれている!」とため息をするぐらいだ。
アクラの街を歩く人も、目も止まらないスピードの冷たいオタ芸してたり、パプアニューギニア独立国のアルジェの伝統的なスピードセイリングしながら歩いたりしていたりとあぼーんするぐらい活気がある。
72分ほど歩いたところで鋭いびっくり感をイメージしたような露天のカラマンシー屋を見つけた。
カラマンシーはアクラの特産品で麿はこれに目が無い。
アルジェリア民主人民共和国人ぽい露天商にカラマンシーの値段を尋ねると「だが断る。78セディです。」と英語で言われ、
あまりの安さに気絶するほど悩ましいブロードバンドするぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいおののくような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もっちりしたような感覚なのに歯ごたえがたまらない、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカラマンシー、よくばって食べすぎたな?

関わりなき者は去れ!さもなくば、斬る!

旅行 | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク