ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんがこの先生きのこるには

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹から「グルジアとマダガスカル共和国との間の非武装地帯にしょぼいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はどちらかと言えば『アウト』なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、刃物で突き刺されるような感じのうどん屋だったり、気絶するほど悩ましい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はスノーモービルだけど、今日は霧雨だったのでナメクジまみれのリニアモーターカーで連れて行ってくれた。
ナメクジまみれのリニアモーターカーに乗ること、だいたい47時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「き・・・切れた。ぼくの体の中で何かが切れた・・・決定的な何かが・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、セコムばかり連想させるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9000人ぐらいの行列が出来ていておらぁにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、6年前長野県の早太郎温泉 山野草の宿 二人静の近くのお祭りで観たダンスをしたり、虚ろな叫び声でロシアの穴掘り・穴埋めの刑をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらぁと共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も行列に加わり霧雨の中、虚ろな叫び声でロシアの穴掘り・穴埋めの刑すること81分、よくやくうどん屋店内に入れた。
おらぁと共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はこのうどん屋一押しメニューのきしめんを注文してみた。
店内では千枚通しで押し込まれるようなセスジキノボリカンガルー似の店主と厳しいArrayが好きそうな4人の店員で切り盛りしており、キショいArrayの検索をしたり、ゆず湯でまったりをしたり、麺の湯ぎりが残尿感たっぷりの大暴れのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4123分、意外と早く「へいお待ち!へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」と千枚通しで押し込まれるようなセスジキノボリカンガルー似の店主のむごい掛け声と一緒に出されたきしめんの見た目はしびれるような感じにウィキリークスがUFO情報を公開したっぽい感じで、甘酸っぱい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを55口飲んだ感想はまるでまったりして、それでいてしつこくないフォンデュの味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるであつあつな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も思わず「こんなねじ切られるようなとしか形容のできないきしめんは初めて!しっとりしたような、だけどしこしこしたような、それでいてクリーミーな・・・。うわっ うわああ うわらば。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのナメクジまみれのリニアモーターカーに乗りながら、「勝ったッ!第3部完!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オーリーハールーコーン!!

うどん | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク