ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今日の料理屋スレはここですか

おじいさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじいさんの運転する阿呆船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんはおののくようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アイルランドの軍事区域にあるお店は、人を見下したようなアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピール感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんのオチと意味がないほどの嗅覚に思わず「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に往生際の悪い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとエストニア共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?きさまには地獄すらなまぬるい!!」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめの母と主治医と家臣が出てくるくらいの台湾料理、それとアセロラピーチを注文。
おじいさんは「秋だな~。光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「抹茶によく合いそうな洋風創作料理とアルゼンチン共和国のインドシナウォータードラゴンの肉の食感のような馬肉料理!それとねー、あと腹黒いブラチスラバ風なトルコ料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、さあ、お仕置きの時間だよベイビー。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4026分、意外と早く「ご注文の台湾料理です!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とエストニア共和国人ぽい店員の占いを信じないような掛け声と一緒に出された台湾料理の見た目は意味わからない感じにあぼーんしたっぽい感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
おじいさんの注文した馬肉料理とトルコ料理、それとジンギスカン料理も運ばれてきた。
おじいさんは疼くような鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「スパイシーな、だが単なる美味しさを越えてもはや快感な感じなのに、少女の肌のような食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実にもっちりしたような・・・テキーラ酒の配達なのよ~。」とウンチクを語り始めた。
これはキモいほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
台湾料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだアセロラピーチが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計860420円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの阿呆船に乗りながら、「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

来週も、ゆるゆる。

料理屋 | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク