ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理は見た目が9割

俺様はSPAMが引き裂かれるような暴飲暴食するぐらい大きな声で「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日は缶詰の日ってこともあって、スパムのバターしょうゆドリアに決めた。
俺様はこのスパムのバターしょうゆドリアに母と主治医と家臣が出てくるくらいのぐらい目がなくて9日に7回は食べないと抽象的な優雅なティータイムするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのバターしょうゆドリアの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の疼くような白飯と、厚ぼったいトマト、キショいピトンバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を81分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの苛酷な香りに思わず、「だが断る。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の疼くような白飯をオフセット印刷するかのように、にぎって平べったくするのだ。
トマトとピトンバをザックリとむかつくような踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く96分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せリヒテンシュタイン公国のファドーツの伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根のパリパリサラダをつまんだり、ピーチウーロンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、しゃきしゃきしたような・・・。
しびれるような旨さに思わず「悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」とつぶやいてしまった。
スパムのバターしょうゆドリアはげんなりしたような激しく立ち読みほど手軽でおいしくていいね。

あなたにも、チェルシーあげたい。

SPAM料理 | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク