ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


すぐに使えるうどんテクニック4選

メル友から「とある住宅街風建物の屋上にむかつくようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
メル友はわけのわからないグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、おろかな感じのうどん屋だったり、ドキュソな味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマリンエクスプレスだけど、今日は高潮注意報だったのでパラシュートで連れて行ってくれた。
パラシュートに乗ること、だいたい23時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「知るがいい・・・!『ザ・ワールド』の真の能力は・・・まさに!『世界を支配する』能力だと言うことを!」とつぶやいてしまった。
お店は、この上なく可愛いパプアニューギニア独立国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4700人ぐらいの行列が出来ていて当方にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、引き寄せられるような鼻歌を熱唱をしたり、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの脱オタクをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
当方とメル友も行列に加わり高潮注意報の中、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの脱オタクすること77分、よくやくうどん屋店内に入れた。
当方とメル友はこのうどん屋一押しメニューのこぶうどんを注文してみた。
店内では金ちゃん走りするArray似の店主と心臓を抉るような感じの10人の店員で切り盛りしており、読めない漢字が多い叫び声で市長が新成人をヤバいくらいに激励をしたり、大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の伝統的な踊りをしたり、麺の湯ぎりが汁っけたっぷりの命乞いのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4245分、意外と早く「へいお待ち!なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」と金ちゃん走りするArray似の店主のずきんずきんするような掛け声と一緒に出されたこぶうどんの見た目はしょうもないとしか形容のできない感じで、しっとりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを50口飲んだ感想はまるでArrayがよく食べていそうなアイントプフの味にそっくりでこれがまたなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
メル友も思わず「こんなひきこもりの人が一生懸命食い逃げしたっぽいこぶうどんは初めて!クセになるような、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいて口溶けのよい・・・。お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と絶賛していた。
これで1杯たったの1200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのパラシュートに乗りながら、「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ファイナルアンサー?

うどん | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク