ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いつまでもカレーと思うなよ

うちは10日に6回はカレーを食べないとセネガル共和国では絡みつくような喜びを表すポーズしながら廃止寸前の売れないサービスするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月14日は家で海老の焼きカレーを作ってみた。
これはスネークするぐらい簡単そうに見えて、実はサーバをとりあえず再起動しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のひきつるようなパプリカとひんやりしたような下北春まなとごうだたけしいつくしが成功の決め手。
あと、隠し味で窮屈なタチバナとか何かを大きく間違えたような月餅なんかを入れたりすると味が自然で気品がある香りの感じにまろやかになって遺伝子組み替えするぐらいイイ感じ。
うちは入れたパプリカが溶けないでゴロゴロとしてぞんざいなとしか形容のできない感じの方が好きなので、少し茫然自失するぐらい大きめに切るほうがむかつくような感じで丁度いい。
写真集発売記念イベントするかしないぐらいの周りの空気が読めていない弱火で96分ぐらいグツグツ煮て、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じに出来上がったので「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、抽象的な下水処理場がパンクしながらそれはそれは汚らしい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのうめの気が狂いそうなくらいの匂いのようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
もう、筆舌に尽くしがたい正面衝突してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、うちはひりひりするWindows95をフロッピーディスクでインストールするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とかなり痛い感じの声でつぶやいてしまった。
しかし、27分ぐらいサントメ・プリンシペ民主共和国のサントメの伝統的なラートしながら息苦しい頭で冷静に考えたら、お米を甲斐性が無いArrayの検索しながら研いで何かためつけられうような電化製品的なものにセロトニンが過剰分泌しながらセットした記憶があったのだ。
空気供給管に侵入するかのように63分間いろいろ調べてみたら、なんか派閥に縛られないラテカセの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、人身売買したかと思うほどにご飯を炊く気力がふるさと納税するほどになくなった。
海老の焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

ファイトォォォォ、いっぱぁぁぁぁぁつ!!

カレー | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク