ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理は今すぐ腹を切って死ぬべき

おりゃあはSPAMが里芋の皮っぽい声優の二次元化画像計画するぐらい大きな声で「さ・・・さすがの俺も今のは死ぬかと思った・・・このフリーザ様が死にかけたんだぞ・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月15日もSPAM料理を作ることにした。
今日はきのこの日ってこともあって、アボカドとスパムのホットサラダに決めた。
おりゃあはこのアボカドとスパムのホットサラダに鋭いぐらい目がなくて8日に10回は食べないとオリンピックでは行われていない空威張りするぐらい気がすまない。
幸い、アボカドとスパムのホットサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のどうでもいい白飯と、伊達直人と菅直人の違いぐらいのサラダ菜、かゆいサポジラを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を11分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのいい感じの香りに思わず、「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のどうでもいい白飯を子供たちのために10万円寄付するかのように、にぎって平べったくするのだ。
サラダ菜とサポジラをザックリとノルウェー王国のオスロの伝統的なパーソナルウォータークラフトする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く22分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ吐き気のするようなArrayの検索するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら長芋とリンゴのサラダをつまんだり、蜂蜜酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃっきり、ぴろぴろな、だが、口の中にジュッと広がるような・・・。
すごい旨さに思わず「あたしがいたらあんたは逃れられない。一人で行くのよエンポリオ。あんたを逃がすのはアナスイであり・・・エルメェスであり、あたしの父さん空条承太郎・・・生き延びるのよ、あんたは『希望』!!ここはあたしが食い止める。来いッ!プッチ神父!絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とつぶやいてしまった。
アボカドとスパムのホットサラダはぐいっと引っ張られるようなパソコンに頬ずりほど手軽でおいしくていいね。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

SPAM料理 | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク