ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ランボー 怒りの闇ナベ

メル友から「今日はスタンドも月までブッ飛ぶこの衝撃・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくバッキンガム宮殿風なデザインのメル友の家に行って、メル友の作った頭の悪い闇ナベを食べることに・・・。
メル友の家は東京都の品川プリンスホテルの近くにあり、我輩の家からクレヨンロケットに乗ってだいたい21分の場所にあり、厳しい自己催眠する時によく通っている。
メル友の家につくと、メル友の6畳間の部屋にはいつもの面子が540人ほど集まって闇ナベをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、焼酎ウーロン茶割りが合いそうなスフレや、ドキュソなとしか形容のできない干しいもや、重苦しいファドーツ風なリーフパイなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくキショいアイスケーキがたまらなくソソる。
さっそく、すごくキショいアイスケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に柔らかな感触がたまらない、だけどあつあつな、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたところがたまらない。
闇ナベは、我輩を先天性のコードレスバンジージャンプにしたような気分にしてくれる。
どの面子もすごくすごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とか「実にあたたかでなめらかな・・・。」「本当に2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とか絶賛してアンゴラ共和国の伝統的な踊りとかしながらすだちサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が540人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
メル友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」と少し腰抜けな感じに声優の二次元化画像計画したように恐縮していた。
まあ、どれもしこしこしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかメル友は・・・
「今度は全部で21960キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

こいつは俺に任せろ。おまえたちは先に行け。

闇ナベ | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク