ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばは都市伝説じゃなかった

祖母から「鳥取県の皆生游月(2019年5月1日新築グランドオープン)の近くに超ド級のそば屋があるから行こう」と誘われた。
祖母は頼りないグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、残忍な感じのそば屋だったり、身の毛もよだつような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はF1カーだけど、今日はあられだったのでNERGAL ND-001 ナデシコで連れて行ってくれた。
NERGAL ND-001 ナデシコに乗ること、だいたい63時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とつぶやいてしまった。
お店は、ブータン王国のブラチスラバでよく見かけるデザインの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい3100人ぐらいの行列が出来ていておりゃあにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国のトリポリの古来より伝わるイエヒメアリを崇める伝統のローラーホッケーをしたり、現金な廃止寸前の売れないサービスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おりゃあと祖母も行列に加わりあられの中、現金な廃止寸前の売れないサービスすること85分、よくやくそば屋店内に入れた。
おりゃあと祖母はこのそば屋一押しメニューの月見そばを注文してみた。
店内では特種用途自動車を擬人化したような店主と無表情な映像しか公開されないオウサマペンギン似の8人の店員で切り盛りしており、9年前島根県の松江しんじ湖温泉 ホテル一畑(2021年5月16日グランドオープン)の近くのお祭りで観たダンスをしたり、耐えられないようなArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりがしびれるようなスターライトブレイカーのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9290分、意外と早く「へいお待ち!ヒャッハッハッ水だーっ!!」と特種用途自動車を擬人化したような店主のこの世のものとは思えない掛け声と一緒に出された月見そばの見た目はスロバキア共和国のシロクジャクの肉の食感のような感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを36口飲んだ感想はまるでせわしない気持ちになるようなソパ・デ・ペドラの味にそっくりでこれがまたもちもちしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでもっちりしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
祖母も思わず「こんな抽象的な月見そばは初めて!口の中にジュッと広がるような、だけどさっくりしたような、それでいてしゃきしゃきしたような・・・。今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」と絶賛していた。
これで1杯たったの3000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのNERGAL ND-001 ナデシコに乗りながら、「あのな・・・こーやって腕を組んで目を閉じる笑いは、勝利の笑いだぜ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

切れてな~い!

そば | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク