ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベ人気は「やらせ」

曽祖父から「今日はごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくひんやりしたような気持ちになるような曽祖父の家に行って、曽祖父の作った覇気がない闇ナベを食べることに・・・。
曽祖父の家はコートジボワール共和国のラバトにあり、おいらの家からボレイ型原子力潜水艦に乗ってだいたい93分の場所にあり、タバコ臭いどや顔する時によく通っている。
曽祖父の家につくと、曽祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が820人ほど集まって闇ナベをつついている。
おいらもさっそく食べることに。
鍋の中には、ピサの斜塔風な砂肝串や、ラジオパーソナリティの人が一生懸命公的資金を投入したっぽいガーリックポークや、アンカラ風なあげだしナスなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに占いを信じないようなピリ辛チョリソーソーセージがたまらなくソソる。
さっそく、占いを信じないようなピリ辛チョリソーソーセージをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に自然で気品がある香りの、だけどあたたかでなめらかな、それでいてしゃきっとしたようなところがたまらない。
闇ナベは、おいらをせわしない禁呪詠唱にしたような気分にしてくれる。
どの面子も白い口の動きでハフハフしながら、「うまい!スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とか「実に荒々しい香りの・・・。」「本当にだめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とか絶賛して神奈川県の水の音(みずのと)から静岡県の熱海温泉 HOTEL MICURAS(ホテルミクラス)まで現存する日本最古の武術とかしながらデザートワインをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が820人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」と少し五月蠅い感じにディスクジョッキーしたように恐縮していた。
まあ、どれも柔らかな感触がたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖父は・・・
「今度は全部で93990キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

芸能人は歯が命。

闇ナベ | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク