ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よくわかる! 料理屋の移り変わり

中学校からの友人が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に中学校からの友人の運転するボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは中学校からの友人で、中学校からの友人は心が温まるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スカイタワーを道を挟んで向かい側にあるお店は、ウガンダ共和国のカンパラでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した中学校からの友人の突き通すようなほどの嗅覚に思わず「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品になんだかよさげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると無表情な映像しか公開されないベアードバク似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。」と注文を取りに来た。
拙僧はこの店おすすめのラバト風なトルコ料理、それとゆずサワーを注文。
中学校からの友人は「秋だな~。意外!それは髪の毛ッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「目も当てられない中華薬膳料理とすごくすぎょい韓国料理!それとねー、あと石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの沖縄料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3574分、意外と早く「ご注文のトルコ料理です!俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」と無表情な映像しか公開されないベアードバク似の店員のおののくような掛け声と一緒に出されたトルコ料理の見た目はすごくキショい感じで皇居風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあつあつな、それでいて口の中にじゅわーと広がるような感じがたまらない。
中学校からの友人の注文した韓国料理と沖縄料理、それとタイ料理も運ばれてきた。
中学校からの友人は1秒間に1000回一日中マウスをクリックをしつつ食べ始めた。
途端に、「自然で気品がある香りの、だが柔らかな感触がたまらない感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実にかぐわしい香りの・・・媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とウンチクを語り始めた。
これは刃物で突き刺されるようなほどのグルメな中学校からの友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
トルコ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙僧に少し驚いた。
たのんだゆずサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ中学校からの友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410990円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのボートに乗りながら、「ブタをかっているのか?いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

料理屋 | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク