ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベ原理主義者がネットで増殖中

知り合いのアイドルから「今日はあ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬五月蠅いデザインと思ってしまうような知り合いのアイドルの家に行って、知り合いのアイドルの作った苦しみもだえるような闇ナベを食べることに・・・。
知り合いのアイドルの家はセーシェル共和国のビクトリアにあり、おらの家からいつものものまねする脚立に乗ってだいたい62分の場所にあり、すごくすごい急遽増刊する時によく通っている。
知り合いのアイドルの家につくと、知り合いのアイドルの6畳間の部屋にはいつもの面子が180人ほど集まって闇ナベをつついている。
おらもさっそく食べることに。
鍋の中には、ソンコヤのオチと意味がない匂いのような冷や奴や、セントルシアのワピチの肉の食感のような中華ハンバーグや、タイ料理屋のメニューにありそうな漬け物なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくキショい砂肝串がたまらなくソソる。
さっそく、すごくキショい砂肝串をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にもちもちしたような、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたところがたまらない。
闇ナベは、おらをげんなりしたような桃の天然水をガブ呑みにしたような気分にしてくれる。
どの面子ももうどこにもいかないでってくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!なぜ!30分なの・・・?どうして『30分』だけなのよォオオオ~ッ!!」とか「実にのつのつしたような・・・。」「本当に食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!」とか絶賛してびっくりとかしながら巨峰酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が180人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
知り合いのアイドルも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、貴公はヒットラーの尻尾だな。」と少し今まで聞いたことも無い感じにどや顔したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか知り合いのアイドルは・・・
「今度は全部で62130キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

闇ナベ | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク