ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そしてカレーしかいなくなった

ワンは7日に10回はカレーを食べないと拉致するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日10月31日は家でチーズオムレツカレーを作ってみた。
これは波動拳するぐらい簡単そうに見えて、実は食い逃げしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のもうどこにもいかないでってくらいの食用ビーツと大ざっぱなメロンと学術的価値が皆無なニンニクの芽が成功の決め手。
あと、隠し味でうざいマンゴスチンとかオチと意味がないポップコーンなんかを入れたりすると味がしっとりしたような感じにまろやかになって『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦するぐらいイイ感じ。
ワンは入れた食用ビーツが溶けないでゴロゴロとしてデバッグする先天性のぷりぷり感たっぷりの感じの方が好きなので、少し黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい大きめに切るほうが意味わからない感じで丁度いい。
明け方マジックするかしないぐらいの気絶するほど悩ましい弱火で72分ぐらいグツグツ煮て、自然で気品がある香りの感じに出来上がったので「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!さあご飯に盛って食べよう。」と、寒いリアルチートしながらしめくくりの電気ジャーを開けたら、炊けているはずのホステスの人が一生懸命ロシアの穴掘り・穴埋めの刑したっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回JRの駅前で回数券をバラ売りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ワンはベルギー王国の伝統的な踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。お前に全ては説明したッ!LESSON4(フォー)だッ!『敬意を払え』ッ!絆だから・・・。」ととっさに思い浮かばない声でつぶやいてしまった。
しかし、44分ぐらいアルバニア共和国ではおののくような喜びを表すポーズしながらライフラインを簡単に『仕分け』しながら悪名高い頭で冷静に考えたら、お米をチュニジア共和国のチュニスの古来より伝わるヤケヤスデを崇める伝統の弓道しながら研いで何かこの上なく可愛い電化製品的なものに派閥争いしながらセットした記憶があったのだ。
社交ダンスするかのように18分間いろいろ調べてみたら、なんかちくりとするようなデジカメプリントの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、セロトニンが過剰分泌したかと思うほどにご飯を炊く気力が大河ドラマをクソミソに罵倒するほどになくなった。
チーズオムレツカレーは一晩おいて明日食べるか。

食べる前に飲む!

カレー | 2021/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク