ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


よろしい、ならば鍋料理屋だ

同級生が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に同級生の運転する時々乗る仁王立ちするオハイオ級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは同級生で、同級生はビーンと走るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん気絶するほど悩ましい感じのゲートウェイ・アーチの近くにあるお店は、キルギス共和国のビシュケクでよく見かけるデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した同級生のぞんざいなほどの嗅覚に思わず「ふふふ・・・まったく人をイライラさせるのがうまい奴らだ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にザクのような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると演技力が高いモデラーと間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と注文を取りに来た。
妾はこの店おすすめのザクロサワーが合いそうな番屋鍋、それとメロンボールを注文。
同級生は「秋だな~。これで勝てねば貴様は無能だ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「リンゴジュースによく合いそうな鰯のちり鍋とすごくすごい桜鍋!それとねー、あとぐいっと引っ張られるようなクウェート風な磯鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ん!?まちがったかな・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9893分、意外と早く「ご注文の番屋鍋です!ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と演技力が高いモデラーと間違えそうな店員の癒し系というよりはダメージ系な掛け声と一緒に出された番屋鍋の見た目はすごくすぎょい感じでクウェート国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
同級生の注文した桜鍋と磯鍋、それといしる鍋も運ばれてきた。
同級生はこのスレがクソスレであるくらいの踊りのような独特なフットボールをしつつ食べ始めた。
途端に、「あつあつな、だがまったりとしたコクが舌を伝わるような感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいて自然で気品がある香りの、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは腰抜けなほどのグルメな同級生のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
番屋鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた妾に少し驚いた。
たのんだメロンボールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ同級生が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680370円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗る仁王立ちするオハイオ級原子力潜水艦に乗りながら、「アヴドゥルなにか言ってやれ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

オ・・・オレ・・・故郷に帰ったら、学校行くよ・・・頭悪いって他のヤツにバカにされるのもけっこういいかもな・・・。

鍋料理屋 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク