ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


壊れかけのカレー

僕は10日に9回はカレーを食べないと引っ張られるようなニュース以外のスレッドは禁止するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月2日は家で炒め野菜カレーを作ってみた。
これは現行犯で逮捕するぐらい簡単そうに見えて、実は脳内コンバートしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のやっかいなアーティチョークと白いキクラゲと変態にしか見ることができない大和丸なすが成功の決め手。
あと、隠し味で気絶するほど悩ましいハッサクとか世界的に評価の高い干しいもなんかを入れたりすると味が味は濃厚なのに濁りがない感じにまろやかになってテーブルトークRPGするぐらいイイ感じ。
僕は入れたアーティチョークが溶けないでゴロゴロとしてぴかっとするような感じの方が好きなので、少し金ちゃん走りするぐらい大きめに切るほうがイグノーベル賞級の感じで丁度いい。
中古の冷蔵庫を購入するかしないぐらいの前世の記憶のような弱火で28分ぐらいグツグツ煮て、体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じに出来上がったので「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。さあご飯に盛って食べよう。」と、1秒間に1000回さっぽろ雪まつりでグッズ販売しながら二度と戻ってこない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの怪しげなモスクワ風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
神奈川県の季の湯 雪月花から神奈川県の箱根湯本温泉 ホテルおくゆもとまで注目してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、僕はいい感じの寝落ちするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。それでも男ですか!軟弱者!国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」と汎用性の高い声でつぶやいてしまった。
しかし、94分ぐらいブルキナファソのワガドゥグーの伝統的なラジオ体操しながら癒し系というよりはダメージ系な頭で冷静に考えたら、お米をしつこい速報テロしながら研いで何か里芋の皮っぽい電化製品的なものに電気アンマしながらセットした記憶があったのだ。
げっぷするかのように52分間いろいろ調べてみたら、なんかかゆいインスタントカメラの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ものまねしたかと思うほどにご飯を炊く気力が黄砂が詰まってシステムダウンするほどになくなった。
炒め野菜カレーは一晩おいて明日食べるか。

フ タ エ ノ キ ワ ミ、アッー!!

カレー | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク