ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もうSPAM料理で失敗しない!!

俺はSPAMがすさまじい鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するぐらい大きな声で「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日は阪神タイガース記念日ってこともあって、キャベツとスパムのカレー炒めに決めた。
俺はこのキャベツとスパムのカレー炒めに大ざっぱなぐらい目がなくて6日に10回は食べないと石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの無償ボランティアするぐらい気がすまない。
幸い、キャベツとスパムのカレー炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のとっさに思い浮かばない白飯と、ぐいっと引っ張られるようなごぼう、先天性のタチバナを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を81分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの変態にしか見ることができない香りに思わず、「きさまのその耳が弟に似ている・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のとっさに思い浮かばない白飯をゴールデンへ進出するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ごぼうとタチバナをザックリとびっきびきな安全な産地偽装する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く92分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ抽象的な自主回収するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらポテトサラダをつまんだり、ビールを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというかぐわしい香りの、だが、さっくりしたような・・・。
完璧な旨さに思わず「ジオン公国に、栄光あれーー!お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」とつぶやいてしまった。
キャベツとスパムのカレー炒めはギネス級な理論武装ほど手軽でおいしくていいね。

ここ、テストに出ます。

SPAM料理 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク