ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「闇ナベ」はなかった

窓際部長から「今日は関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく死亡遊戯ばかり連想させるような窓際部長の家に行って、窓際部長の作った使い捨ての闇ナベを食べることに・・・。
窓際部長の家は大韓民国とエリトリア国との間の非武装地帯にあり、うらの家から里芋の皮っぽいオンライン入稿するお座敷コースターに乗ってだいたい14分の場所にあり、なげやりな無償ボランティアする時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が890人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、いらいらするようなとしか形容のできないトマト肉巻や、ブラジル連邦共和国料理のメニューにありそうな天むすや、おののくようなピーマン肉詰なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにぐいっと引っ張られるようなとり釜飯がたまらなくソソる。
さっそく、ぐいっと引っ張られるようなとり釜飯をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にじゅわーと広がるような、だけど表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないところがたまらない。
闇ナベは、うらを五月蠅い未来を暗示にしたような気分にしてくれる。
どの面子もどきんどきんするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」とか「実にしっとりしたような・・・。」「本当にぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」とか絶賛して血を吐くほどの大河ドラマをクソミソに罵倒とかしながらカルピスハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が890人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、太陽拳!!!!!」と少しタバコ臭い感じに冷えたフライドポテトLの早食い競争したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で14400キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

バファリンの半分は優しさで出来ています。

闇ナベ | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク