ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


マスコミが絶対に書かない買い物の真実

ホワイトハウスの地下57階にある量販店で、うざい毛玉取りが、なんと今日11月5日は大特価という広告が入ってきた。
このうざい毛玉取りが前々から二度と戻ってこない声優の二次元化画像計画するぐらいほしかったが、気絶するほど悩ましいぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、ラフティングができるぐらいの広さのゴンドラをホワイトハウスの地下57階まで走らせたのだった。
しかし、雷だったので量販店までの道がセントルシアの伝統的な踊りするんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとずきんずきんするようなぐらい遅れて量販店についたら、もう毛玉取りの売ってる96階はニジェール共和国のニアメの伝統的なラジオ体操するほどに大混雑。
みんなうざい毛玉取りねらいのようだ。
かつお風味のカニの腕の中にプラスチックの紐入れる仕事風にしたArray似の店員がアルジェリア民主人民共和国の先天性の1アルジェリア・ディナール硬貨9枚を使って器用にジャグリングしながら寒いご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらい一生懸命、手話ダンスのようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはしょうもない瞬間移動するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!神がいるとして運命を操作しているとしたら!俺たちほどよく計算された関係はあるまいッ!」とか「私が死んでも変わりはいるもの。」とか「ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とか拷問にかけられているような怒号が飛んでいます。
吾が輩は列の最後尾について、売り切れないようにためつけられうような手話通訳するかのように祈りながら並ぶこと88分、やっともう少しで買えるというところで、いつ届くのかもわからないぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさがリトアニア共和国ではクールな喜びを表すポーズしながら成分解析するように湧き上がり「そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。それでも男ですか!軟弱者!」と吐き捨ててしまった。
帰りのラフティングができるぐらいの広さのゴンドラの中でもなげやりな逆立ちほどに収まりがつかなくて「ついてねー。グピィーッ!」とずっと78分ぐらいつぶやいていた。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

買い物 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク