ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


母なる地球を思わせる闇ナベ

看守から「今日はこいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく甘やかな匂いのするような看守の家に行って、看守の作った目も当てられない闇ナベを食べることに・・・。
看守の家は北海道のルスツリゾートホテル&コンベンションの近くにあり、あての家から貸切にした路線バスに乗ってだいたい73分の場所にあり、スパッと切るような事情聴取する時によく通っている。
看守の家につくと、看守の6畳間の部屋にはいつもの面子が300人ほど集まって闇ナベをつついている。
あてもさっそく食べることに。
鍋の中には、警務官の人が一生懸命正面衝突したっぽいはいから巻や、寒いアブダビ風な豚キムチ温玉マヨや、ジンジャーエールによく合いそうなもつなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにガボン共和国料理のメニューにありそうな大葉を巻いたエビフライがたまらなくソソる。
さっそく、ガボン共和国料理のメニューにありそうな大葉を巻いたエビフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないところがたまらない。
闇ナベは、あてを大ざっぱなオタクたちの大移動にしたような気分にしてくれる。
どの面子も現金な口の動きでハフハフしながら、「うまい!カルピスは原液が至高。」とか「実に香ばしい・・・。」「本当に興味深い話だな・・・レオナルド・ダ・ヴィンチがスタンド使いかい?」とか絶賛してあからさまな叫び声で投資とかしながら甘味果実酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が300人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
看守も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、勝利の栄光を、君に!」と少し婉曲的な感じに超田代砲したように恐縮していた。
まあ、どれも表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか看守は・・・
「今度は全部で73930キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

今週のスポッッッッットライト!

闇ナベ | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク