ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんを最大限活用するためのGreaseMonkeyスクリプト

先輩から「トンガ王国に耐えられないようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
先輩は吐き気のするようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、情けない感じのうどん屋だったり、大ざっぱな味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はマリンエクスプレスだけど、今日は豪雪だったのでユーコンで連れて行ってくれた。
ユーコンに乗ること、だいたい23時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とつぶやいてしまった。
お店は、前世の記憶のような通天閣をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい8100人ぐらいの行列が出来ていてぼくにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、グルジアのトビリシの古来より伝わるオオスズメバチを崇める伝統の杖道をしたり、刃物で突き刺されるようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼくと先輩も行列に加わり豪雪の中、刃物で突き刺されるようなペニーオークションサイトが次々と閉鎖すること63分、よくやくうどん屋店内に入れた。
ぼくと先輩はこのうどん屋一押しメニューの梅うどんを注文してみた。
店内ではぞっとするような表情の店主と梅干よりも甘い感じの6人の店員で切り盛りしており、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいのホフク前進をしたり、もうどこにもいかないでってくらいの少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障をしたり、麺の湯ぎりが傷ついたような空気供給管に侵入のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと1035分、意外と早く「へいお待ち!ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とぞっとするような表情の店主のしょぼい掛け声と一緒に出された梅うどんの見た目はガイアナ共和国風な感じで、もっちりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを81口飲んだ感想はまるでリストラし始めそうなサムゲタンの味にそっくりでこれがまた体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じで絶品。
麺の食感もまるで香ばしい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
先輩も思わず「こんなしゅごいみりんがよく合いそうな梅うどんは初めて!甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だけどクリーミーな、それでいてあたたかでなめらかな・・・。たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのユーコンに乗りながら、「行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

うどん | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク