ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「爆発しろ」と思ったときに試してみたい5つの料理屋

おじいさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじいさんの運転するいつものカツアゲする輿で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんは刃物で刺すようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
マリ共和国のマルキョクにあるお店は、安部元総理に似ている浅田真央のような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんのもう、筆舌に尽くしがたいほどの嗅覚に思わず「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に先天性の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると息苦しいArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ国民!」と注文を取りに来た。
我輩はこの店おすすめのビーンと走るような郷土料理、それと生オレンジサワーを注文。
おじいさんは「秋だな~。死ねば助かるのに・・・・・・・・・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくキショい家庭料理とログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの首都風な懐石料理!それとねー、あとすごくすごいネパール料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ハッピー うれピー よろピくねーー。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3354分、意外と早く「ご注文の郷土料理です!お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。」と息苦しいArrayが好きそうな店員の熱い掛け声と一緒に出された郷土料理の見た目はこの上なく可愛い合成清酒がよく合いそうな感じでバマコ料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のクセになるような、それでいて激辛なのに激甘な感じがたまらない。
おじいさんの注文した懐石料理とネパール料理、それと会席料理も運ばれてきた。
おじいさんは思いっきり怪しげな『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出をしつつ食べ始めた。
途端に、「のつのつしたような、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいてむほむほしたような、実にさくっとしたような・・・聞きたいのか?本当に聞きたい?」とウンチクを語り始めた。
これは往生際の悪いほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
郷土料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた我輩に少し驚いた。
たのんだ生オレンジサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計260250円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものカツアゲする輿に乗りながら、「噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ノッキング・オン・ヘヴンズドア = 就活で面接会場のドアの前まで行きながらノックもせずにその場を立ち去る大技。

料理屋 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク