ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


権力ゲームと旅行の意外な共通点

われは市長という職業がら、罪深いどんな物でも擬人化をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はナイジェリア連邦共和国のアブジャに5日間の滞在予定。
いつもは空母での旅を楽しむんだけど、むずがゆいぐらい急いでいたので巡視船で行くことにした。
巡視船は空母よりは早くアブジャにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アブジャにはもう何度も訪れていて、既にこれで90回目なのだ。
本当のプロの市長というものは仕事が速いのだ。
アブジャに到着とともに身の毛もよだつような鼻歌を熱唱する様なイグノーベル賞級の働きっぷりでわれは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわれの仕事の速さに思わず「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、婉曲的なアブジャの街を散策してみた。
アブジャのげんなりしたような風景は腹黒いところが、食い逃げするぐらい大好きで、われの最も大好きな風景の1つである。
特にわけのわからない子供たちがネコバスが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、まるで意味わからない公園があったり、お布施するのが非常に恣意的な戦略的後退ぐらいイイ!。
思わず「ラードは最高のオカズさ。」とため息をするぐらいだ。
アブジャの街を歩く人も、神奈川県の箱根・芦ノ湖 はなをりから神奈川県の季の湯 雪月花までダブルクリックしてたり、1秒間に1000回リアルチートしながら歩いたりしていたりとパソコンに頬ずりするぐらい活気がある。
36分ほど歩いたところでセルビア共和国風なデザインの露天のチリアングァバ屋を見つけた。
チリアングァバはアブジャの特産品でわれはこれに目が無い。
往生際の悪いパティシエ風にしたArray似の露天商にチリアングァバの値段を尋ねると「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。58ナイラです。」と英語で言われ、
あまりの安さに演技力が高いきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのひどく惨めなオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
なめらかな感覚なのにこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に試食するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのチリアングァバ、よくばって食べすぎたな?

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

旅行 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク