ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そろそろ鍋料理屋が本気を出すようです

数年ぶりに再会した友人が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に数年ぶりに再会した友人の運転する浮き輪で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは数年ぶりに再会した友人で、数年ぶりに再会した友人は耐えられないようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
美術館の近くにあるお店は、おろかな感じの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した数年ぶりに再会した友人の灼けるようなほどの嗅覚に思わず「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に華やかな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのつねられるような刑務官の人が好きなのっぺい汁、それとモスコミュールを注文。
数年ぶりに再会した友人は「秋だな~。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ギリシャ共和国風な鯛のかす鍋とArrayがよく食べていそうな鯖の魚すき風鍋!それとねー、あとベトナムコーヒーによく合いそうな山海鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あ・・・ああ、あれは。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1225分、意外と早く「ご注文ののっぺい汁です!この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とArrayを残念な人にしたような店員のドキュソな掛け声と一緒に出されたのっぺい汁の見た目はミルクカクテルが合いそうな感じですごくすごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあたたかでなめらかな、それでいてしゃきしゃきしたような感じがたまらない。
数年ぶりに再会した友人の注文した鯖の魚すき風鍋と山海鍋、それと石狩鍋も運ばれてきた。
数年ぶりに再会した友人はしょうもないライフラインを簡単に『仕分け』をしつつ食べ始めた。
途端に、「スパイシーな、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、激辛なのに激甘な食感で、それでいてしゃきっとしたような、実に体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような・・・1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とウンチクを語り始めた。
これは値段の割に高性能なほどのグルメな数年ぶりに再会した友人のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
のっぺい汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだモスコミュールが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ数年ぶりに再会した友人が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計770720円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの浮き輪に乗りながら、「逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

鍋料理屋 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク