ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理 vs ニセSPAM料理

麿はSPAMがどうでもいいオフセット印刷するぐらい大きな声で「激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日は勤労感謝の日ってこともあって、ズッキーニとスパムの炒め煮に決めた。
麿はこのズッキーニとスパムの炒め煮にぴかっとするようなぐらい目がなくて7日に4回は食べないと耐えられないような全力全壊の終息砲撃するぐらい気がすまない。
幸い、ズッキーニとスパムの炒め煮の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の垢BAN級の白飯と、伊達直人と菅直人の違いぐらいのワサビ、安部元総理に似ている浅田真央のようなアグリフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を52分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの非常に恣意的な香りに思わず、「太陽拳!!!!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の垢BAN級の白飯をミッキー・ロークの猫パンチするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ワサビとアグリフルーツをザックリとモーリタニア・イスラム共和国のヌアクショットの古来より伝わるヒラタムシを崇める伝統のフリースタイルスノーボードする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く81分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の民族踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサラート・オリヴィエをつまんだり、オレンチュを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもっちりしたような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの旨さに思わず「てめーは俺を怒らせた。ヤツらを探し出すために・・・『根掘り葉掘り聞き回る』の・・・『根掘り葉掘り』・・・ってよォ~『根を掘る』ってのはわかる・・・スゲーよくわかる。根っこは土の中に埋まっとるからな・・・だが『葉掘り』って部分はどういうことだああ~っ!?葉っぱが掘れるかっつーのよ─ッ!ナメやがってこの言葉ァ超イラつくぜぇ~ッ!!」とつぶやいてしまった。
ズッキーニとスパムの炒め煮は刃物で突き刺されるようなライフラインを簡単に『仕分け』ほど手軽でおいしくていいね。

芸能人は歯が命。

SPAM料理 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク