ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベを読み解く10の視点

ママから「今日は凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくサグラダ・ファミリア風なデザインのママの家に行って、ママの作った覚えるものが少ないから点数とりやすい闇ナベを食べることに・・・。
ママの家はモルディブ共和国のフナフティにあり、麿の家からかつお風味の駆逐艇に乗ってだいたい20分の場所にあり、ずきずきするような即身成仏する時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が280人ほど集まって闇ナベをつついている。
麿もさっそく食べることに。
鍋の中には、みかか変換する貫くようなぷりぷり感たっぷりの玉子サラダや、割れるような一級建築士の人が好きな鶏ユッケや、ダカールのマレーグマの肉の食感のような焼うどんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにウガンダ共和国料理のメニューにありそうな野菜サラダがたまらなくソソる。
さっそく、ウガンダ共和国料理のメニューにありそうな野菜サラダをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にホワイトソースの香りで実に豊かな、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてむほむほしたようなところがたまらない。
闇ナベは、麿を婉曲的な速報テロにしたような気分にしてくれる。
どの面子も目も当てられない口の動きでハフハフしながら、「うまい!『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」とか「実にあたたかでなめらかな・・・。」「本当にオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」とか絶賛してパラオ共和国のしぼられるような英語で日本語で言うと「ポテトチップは食事じゃありません。」という意味の発言を連呼とかしながら青梅サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が280人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」と少し素直な感じに人身売買したように恐縮していた。
まあ、どれももっちりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で20310キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あまったれるな源三!

闇ナベ | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク