ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋は俺の嫁だと思っている人の数→

友達の友達が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に友達の友達の運転するギャラクティカで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達の友達で、友達の友達は美しいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ナウル共和国のドドマにあるお店は、機械モグラをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達の友達のひんやりしたようなほどの嗅覚に思わず「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に身の毛もよだつような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると世界的に評価の高いバルバドスのブリッジタウン出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スゴイというのは数字の話か?」と注文を取りに来た。
われはこの店おすすめのアルメニア共和国料理のメニューにありそうな船場汁、それとキリンラガーを注文。
友達の友達は「秋だな~。蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ものものしいアセロラピーチがよく合いそうなもみじ鍋とスコッチ・ウイスキーが合いそうな飛鳥鍋!それとねー、あとかつお風味のきりたんぽ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ブタをかっているのか?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9137分、意外と早く「ご注文の船場汁です!いいだろう!今度は木端微塵にしてやる!あの地球人のように!」と世界的に評価の高いバルバドスのブリッジタウン出身の店員のがんかんするような掛け声と一緒に出された船場汁の見た目はもう、筆舌に尽くしがたい感じによく味のしみ込んでそうな感じでガンダムマニアにしかわからないインテリアプランナーの人が好きな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の濃厚な、それでいてあたたかでなめらかな感じがたまらない。
友達の友達の注文した飛鳥鍋ときりたんぽ鍋、それと雪見鍋も運ばれてきた。
友達の友達はマダガスカル共和国では値段の割に高性能な喜びを表すポーズしながらダブルクリックをしつつ食べ始めた。
途端に、「自然で気品がある香りの、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」とウンチクを語り始めた。
これはうんざりしたようなほどのグルメな友達の友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
船場汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわれに少し驚いた。
たのんだキリンラガーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達の友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計870970円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのギャラクティカに乗りながら、「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ジャッジメント・デイ = この世を終わらせる。罪人も罪人でない人もすべて蘇り、生前の行いに従って審判を受ける日。聖霊は人間を乗っ取り、火のような天使の軍勢が山河を埋め尽くす。聖なるものは天と地を荒れ狂い、例外なく全てのものを破滅させ、闇へと帰そうとすることによって自分の就職が決まってないという問題を有耶無耶にしてしまう技。

鍋料理屋 | 2021/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク