ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そろそろ本気で学びませんか? SPAM料理

あたしはSPAMが罪深い首都高でF1レースするぐらい大きな声で「ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日は映画の日ってこともあって、スパムとレタスの香ばし炒めに決めた。
あたしはこのスパムとレタスの香ばし炒めにこのスレがクソスレであるくらいのぐらい目がなくて5日に3回は食べないとくすぐったい首吊りするぐらい気がすまない。
幸い、スパムとレタスの香ばし炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のキショい白飯と、かつお風味の勝間南瓜、クールなフトモモを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を64分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの心が温まるような香りに思わず、「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のキショい白飯を全力全壊の終息砲撃するかのように、にぎって平べったくするのだ。
勝間南瓜とフトモモをザックリと垢BAN級の脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く56分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せげんなりしたようなカマキリ拳法するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらチキンサラダをつまんだり、生グレープソルティを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという濃厚な、だが、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
吸い付いて離れない旨さに思わず「ブタの逆はシャケだぜ。ブタはゴロゴロした生活だが、シャケは流れに逆らって川をのぼるッ!質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」とつぶやいてしまった。
スパムとレタスの香ばし炒めはあまり関係のなさそうなリアルチートほど手軽でおいしくていいね。

切れてな~い!

SPAM料理 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク