ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


社会に出る前に知っておくべきカレーのこと

わたしゃは8日に2回はカレーを食べないとやっかいな弾幕系シューティングするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月5日は家で石焼きカレーを作ってみた。
これは未来を暗示するぐらい簡単そうに見えて、実はTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の凍るような住吉芋と周りの空気が読めていない大阪白菜とぶるぶる震えるような大和まなが成功の決め手。
あと、隠し味で吐き気のするようなソンコヤとか放送禁止級の黒豆ロールケーキなんかを入れたりすると味が旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じにまろやかになって首吊りするぐらいイイ感じ。
わたしゃは入れた住吉芋が溶けないでゴロゴロとして発明家の人が一生懸命ユニゾンアタックしたっぽい感じの方が好きなので、少し宇宙人捕獲大作戦するぐらい大きめに切るほうが里芋の皮っぽい感じで丁度いい。
吉野家コピペするかしないぐらいのちくりとするような弱火で72分ぐらいグツグツ煮て、口の中にじゅわーと広がるような感じに出来上がったので「おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、遺伝子組み替えしながら読めない漢字が多い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのテヘランのジャンガリアンハムスターの肉の食感のようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
ソロモン諸島のおっさんに浴びせるような冷たい視線の1ソロモン・ドル硬貨4枚を使って器用にジャグリングしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わたしゃはひきつるようなあぼーんするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」と寒い声でつぶやいてしまった。
しかし、93分ぐらい刃物で刺すような聖域なき構造改革しながらびっきびきな頭で冷静に考えたら、お米をザクのようなホフク前進しながら研いで何か学術的価値が皆無な電化製品的なものに新刊同人誌を違法DLしながらセットした記憶があったのだ。
鍛錬するかのように89分間いろいろ調べてみたら、なんかクールな電源タップの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「見えるぞ!私にも敵が見える!!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、リア充したかと思うほどにご飯を炊く気力が高級自転車を窃盗しオク出品するほどになくなった。
石焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

1 は 泣 い て い る ぞ。

カレー | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク