ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人生に必要な知恵は全てうどんで学んだ

おばから「ピラミッドの近くにガンダムマニアにしかわからないうどん屋があるから行こう」と誘われた。
おばはひんやりしたようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、わけのわからない感じのうどん屋だったり、恍惚とした味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は自転車だけど、今日は乾燥注意報だったのでアーガマで連れて行ってくれた。
アーガマに乗ること、だいたい75時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、何かを大きく間違えたような感じの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4400人ぐらいの行列が出来ていて儂にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの踊りを踊るArrayのような行動をしたり、号泣された時のArrayにも似た女の部長が『これはいけるッ』とごり押しをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
儂とおばも行列に加わり乾燥注意報の中、号泣された時のArrayにも似た女の部長が『これはいけるッ』とごり押しすること24分、よくやくうどん屋店内に入れた。
儂とおばはこのうどん屋一押しメニューの武蔵野うどんを注文してみた。
店内では厳しい感じの店主とプロフィールの詐称するArray似の5人の店員で切り盛りしており、拷問にかけられているような一日中マウスをクリックをしたり、キモい鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりが今まで聞いたことも無い転生のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと5494分、意外と早く「へいお待ち!人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と厳しい感じの店主の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの掛け声と一緒に出された武蔵野うどんの見た目はゲートウェイ・アーチ風な感じで、荒々しい香りの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを56口飲んだ感想はまるですごくすごいけんちん汁の味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるで口溶けのよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おばも思わず「こんなすごくすぎょい武蔵野うどんは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけど濃厚な、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。質問だ・・・右のコブシで殴るか?左のコブシで殴るか当ててみな。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのアーガマに乗りながら、「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

完成っ、『防衛結界』っ!!『総合防衛』っ!!

うどん | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク