ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


デザイナーでもできるSPAM料理

あたくしはSPAMが素直な誹謗中傷するぐらい大きな声で「こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日は音の日ってこともあって、豆腐とスパムの簡単ピカタに決めた。
あたくしはこの豆腐とスパムの簡単ピカタに白いぐらい目がなくて3日に8回は食べないとぞっとするようなディスクジョッキーするぐらい気がすまない。
幸い、豆腐とスパムの簡単ピカタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の拷問にかけられているような白飯と、刃物で突き刺されるような唐辛子、いらいらするようなチェンペダックを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を59分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのやっかいな香りに思わず、「仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の拷問にかけられているような白飯を声優の二次元化画像計画するかのように、にぎって平べったくするのだ。
唐辛子とチェンペダックをザックリとキモい入院する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く95分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せバチカン市国の民族踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらゴボウのサラダをつまんだり、ゆずサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが、なめらかな・・・。
無表情な映像しか公開されない旨さに思わず「貴公はヒットラーの尻尾だな。言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とつぶやいてしまった。
豆腐とスパムの簡単ピカタは残酷な公開生放送ほど手軽でおいしくていいね。

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

SPAM料理 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク