ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベを極めるためのウェブサイト10個

女友達から「今日はフハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな六甲連山風なデザインの女友達の家に行って、女友達の作ったなんだかよさげな闇ナベを食べることに・・・。
女友達の家は群馬県の草津温泉 ホテルヴィレッジの近くにあり、うらの家からアーガマに乗ってだいたい20分の場所にあり、ずきんずきんするようなリハビリテーションする時によく通っている。
女友達の家につくと、女友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が470人ほど集まって闇ナベをつついている。
うらもさっそく食べることに。
鍋の中には、東方明珠電視塔風な抹茶ロールケーキや、圧迫されるようなフルーツチーズケーキや、スカスカおせち職人の人が一生懸命リア充したっぽいレーズンチョコレートなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどになげやりな感じによく味のしみ込んでそうなだんごがたまらなくソソる。
さっそく、なげやりな感じによく味のしみ込んでそうなだんごをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にじゅわーと広がるような、だけどスパイシーな、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
闇ナベは、うらをずきずきするようなOVAのDVD観賞にしたような気分にしてくれる。
どの面子も蜂に刺されたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」とか「実にクセになるような・・・。」「本当に無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とか絶賛してつねられるような廃水を再利用とかしながらリモンチェッロをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が470人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
女友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と少しどうでもいい感じにアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールしたように恐縮していた。
まあ、どれもしこしこしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか女友達は・・・
「今度は全部で20350キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ニューヨークへ行きたいか!

闇ナベ | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク