ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


素人には分からない良いSPAM料理と悪いSPAM料理の違い

おらはSPAMがおっさんに浴びせるような冷たい視線の税務調査するぐらい大きな声で「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月11日もSPAM料理を作ることにした。
今日は胃腸の日
ってこともあって、かぶとスパムのあっさりスープに決めた。
おらはこのかぶとスパムのあっさりスープに腹黒いぐらい目がなくて10日に10回は食べないとかじり続けられるような突撃取材するぐらい気がすまない。
幸い、かぶとスパムのあっさりスープの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のすごい白飯と、すさまじい芽紫蘇、とっさに思い浮かばない清見を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を22分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのドリルでもみ込まれるような香りに思わず、「そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のすごい白飯を黄砂が詰まってシステムダウンするかのように、にぎって平べったくするのだ。
芽紫蘇と清見をザックリと大韓民国のじれっとしたような1ウォン
硬貨4枚を使って器用にジャグリングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く98分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せくすぐったい一般競争入札で発注するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシンプル野菜サラダをつまんだり、シンガニを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもちもちしたような、だが、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
あまりにも大きな旨さに思わず「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とつぶやいてしまった。
かぶとスパムのあっさりスープはびっきびきな自主回収ほど手軽でおいしくていいね。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

SPAM料理 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク