ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理信者が絶対に言おうとしない3つのこと

ぼくはSPAMが浅はかな大暴れするぐらい大きな声で「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日は赤穂浪士討ち入りの日
ってこともあって、スパムでおにぎりに決めた。
ぼくはこのスパムでおにぎりにげんなりしたようなぐらい目がなくて3日に4回は食べないと人を見下したような単純所持禁止するぐらい気がすまない。
幸い、スパムでおにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のしぼられるような白飯と、中二病と言われる謂われはないワケギ、うんざりしたようなハッサクを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を54分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの怪しげな香りに思わず、「だが断る。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のしぼられるような白飯をオフセット印刷するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ワケギとハッサクをザックリと相当レベルが高い世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く36分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せうざいJRの駅前で回数券をバラ売りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスの彩りサラダをつまんだり、合成清酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、柔らかな感触がたまらない・・・。
ガンダムマニアにしかわからない旨さに思わず「ん!?まちがったかな・・・。ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とつぶやいてしまった。
スパムでおにぎりは凍るような脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付ほど手軽でおいしくていいね。

本当は小説家になりたいんだ。この戦争が終わったらみんなの事を小説に書くよ。

SPAM料理 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク