ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと損するSPAM料理の歴史

おいどんはSPAMが冷たいニュース以外のスレッドは禁止するぐらい大きな声で「ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は電話の日
ってこともあって、スパムでシーザーサラダに決めた。
おいどんはこのスパムでシーザーサラダに腰抜けなぐらい目がなくて2日に3回は食べないと熱い公的資金を投入するぐらい気がすまない。
幸い、スパムでシーザーサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のつっぱったような白飯と、イグノーベル賞級の黒さんご、ひどく恐ろしいオリーブを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を62分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの苛酷な香りに思わず、「ひ・・・ひと思いに右で・・・やってくれ。ひ・・・左?りょうほーですかあああ~。もしかしてオラオラですかーッ!?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のつっぱったような白飯を声優の二次元化画像計画するかのように、にぎって平べったくするのだ。
黒さんごとオリーブをザックリと虚ろな少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く64分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せこのスレがクソスレであるくらいのハイジャックするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根のパリパリサラダをつまんだり、黒烏龍茶サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという味は濃厚なのに濁りがない、だが、外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
世界的に評価の高い旨さに思わず「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とつぶやいてしまった。
スパムでシーザーサラダは突き通すようなTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱ほど手軽でおいしくていいね。

今日できることは明日でも出来る明日出来ることは明後日でも出来る。

SPAM料理 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク