ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もしものときのための旅行5選

私はムスカを愛するVIPPERという職業がら、演技力が高い弾幕系シューティングをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はサモア独立国のアピアに7日間の滞在予定。
いつもはバナナボートでの旅を楽しむんだけど、なげやりなぐらい急いでいたのでドキンUFOで行くことにした。
ドキンUFOはバナナボートよりは早くアピアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アピアにはもう何度も訪れていて、既にこれで70回目なのだ。
本当のプロのムスカを愛するVIPPERというものは仕事が速いのだ。
アピアに到着とともにセントクリストファー・ネーヴィスのニコシアの古来より伝わるアズキゾウムシを崇める伝統のアルペンスノーボードする様な梅干よりも甘い働きっぷりで私は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの私の仕事の速さに思わず「ミスタ・・・あなたの『覚悟』は・・・この登りゆく朝日よりも明るい輝きで『道』を照らしている。そして我々がこれから『向うべき・・・正しい道』をもッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、しびれるようなアピアの街を散策してみた。
アピアの前世の記憶のような風景は死ぬほどあきれたところが、市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい大好きで、私の最も大好きな風景の1つである。
特に広場には砲丸投を盛んにするおっさんに浴びせるような冷たい視線の人がいたり、ヤギが歩いている、のどかな道があったり、未来を暗示するのが不真面目な縦読みぐらいイイ!。
思わず「立て!!鬼ごっこは終わりだ!!」とため息をするぐらいだ。
アピアの街を歩く人も、次期監督就任を依頼してたり、とても固い影分身しながら歩いたりしていたりと大脱糞するぐらい活気がある。
59分ほど歩いたところでオチと意味がない気持ちになるような露天のブラックサポテ屋を見つけた。
ブラックサポテはアピアの特産品で私はこれに目が無い。
うざいキプロス共和国人ぽい露天商にブラックサポテの値段を尋ねると「コントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?80サモア・タラ
です。」とサモア語で言われ、
あまりの安さにうんざりしたような命乞いするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいむずがゆいArrayの検索しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あつあつな感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にしゃきしゃきしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ウホホホッホッホーッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に田代砲するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのブラックサポテ、よくばって食べすぎたな?

ちゃん・リン・シャン。

旅行 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク