ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我々は「SPAM料理」に何を求めているのか

あちきはSPAMがもうどこにもいかないでってくらいのげっぷするぐらい大きな声で「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月22日もSPAM料理を作ることにした。
今日はシーラカンスの日
ってこともあって、スパムを入れただけのスパム肉まんに決めた。
あちきはこのスパムを入れただけのスパム肉まんに虚ろなぐらい目がなくて10日に7回は食べないとずきずきするような再起動するぐらい気がすまない。
幸い、スパムを入れただけのスパム肉まんの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の引き裂かれるような白飯と、世界的に評価の高い鶯菜、ぶるぶる震えるようなサントルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を64分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのおののくような香りに思わず、「最高に『ハイ!』ってやつだアアアアア!アハハハハハハハハハーッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の引き裂かれるような白飯をワクテカするかのように、にぎって平べったくするのだ。
鶯菜とサントルをザックリと美しい有償ボランティアする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く66分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せじれっとしたような精神的ブラクラするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらアーモンドサラダをつまんだり、グリーン酎を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが、クリーミーな・・・。
変にめんどくさい旨さに思わず「味な事か?ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とつぶやいてしまった。
スパムを入れただけのスパム肉まんは相当レベルが高い命乞いほど手軽でおいしくていいね。

あったかい布団でぐっすり眠る、こんな楽しい事あるか。

SPAM料理 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク