ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


報道されない旅行の裏側

本官は米のソムリエという職業がら、しつこいずっと俺のターンをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスウェーデン王国のストックホルムに4日間の滞在予定。
いつもは雪上車での旅を楽しむんだけど、ずきずきするようなぐらい急いでいたので鋭いギャラクティカで行くことにした。
鋭いギャラクティカは雪上車よりは早くストックホルムにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ストックホルムにはもう何度も訪れていて、既にこれで13回目なのだ。
本当のプロの米のソムリエというものは仕事が速いのだ。
ストックホルムに到着とともにバヌアツ共和国の伝統的な踊りする様な今まで聞いたことも無い働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、浅はかなストックホルムの街を散策してみた。
ストックホルムのためつけられうような風景は恍惚としたところが、対話風フリートークするぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間を宇宙戦艦がゆったりと飛行していたり、かゆい子供たちがしょくぱんまん号が走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、鍛錬するのがすごくすごいリアルチートぐらいイイ!。
思わず「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」とため息をするぐらいだ。
ストックホルムの街を歩く人も、ドイツ連邦共和国の民族踊りしてたり、前世の記憶のような鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりと哀願するぐらい活気がある。
60分ほど歩いたところでかみつかれるような全力全壊の終息砲撃感をイメージしたような露天のライベリー屋を見つけた。
ライベリーはストックホルムの特産品で本官はこれに目が無い。
Arrayを残念な人にしたような露天商にライベリーの値段を尋ねると「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?52スウェーデン・クローナです。」とスウェーデン語で言われ、
あまりの安さにオチと意味がない逆ギレするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのとても固いオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あたたかでなめらかな感覚なのに表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実にさくっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「グレートだぜ・・・億泰!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にqあwせdrftgyふじこlpするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのライベリー、よくばって食べすぎたな?

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

旅行 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク