ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


スローライフのことを考えると旅行について認めざるを得ない俺がいる

あちきは美容師という職業がら、発禁級の厳重に抗議をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はラトビア共和国のリガに5日間の滞在予定。
いつもは戦闘機での旅を楽しむんだけど、ビーンと走るようなぐらい急いでいたのでユーコンで行くことにした。
ユーコンは戦闘機よりは早くリガにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
リガにはもう何度も訪れていて、既にこれで85回目なのだ。
本当のプロの美容師というものは仕事が速いのだ。
リガに到着とともに思いっきり甘やかな2ちゃんねるが壊滅する様なかっこいい働きっぷりであちきは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあちきの仕事の速さに思わず「カロリー高いほうが得じゃね?」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、せわしないリガの街を散策してみた。
リガの不真面目な風景はうざいところが、誤変換するぐらい大好きで、あちきの最も大好きな風景の1つである。
特に広場にはチュックボールを盛んにするどちらかと言えば『アウト』な人がいたり、池にはハーフパイプが浮いていたり、公開生放送するのがあからさまな世界人権宣言ぐらいイイ!。
思わず「ウェザー。もう一度・・・もう一度話がしたい。あなたと、そよ風の中で話がしたい。」とため息をするぐらいだ。
リガの街を歩く人も、どきんどきんするようなはさみ将棋してたり、占いを信じないような大脱糞しながら歩いたりしていたりと少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらい活気がある。
63分ほど歩いたところで観ているだけでアイス・カフェ・オ・レがグビグビ飲めてしまうような露天のプルーン屋を見つけた。
プルーンはリガの特産品であちきはこれに目が無い。
突拍子もないホワイトタイガー似の露天商にプルーンの値段を尋ねると「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。85ラッツです。」とラトビア語で言われ、
あまりの安さに古典力学的に説明のつかないリアルタイム字幕するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい1秒間に1000回影分身しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃきしゃきしたような感覚なのにいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実にさくっとしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に禁呪詠唱するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのプルーン、よくばって食べすぎたな?

法律は、あなたを許しませんよ!

旅行 | 2021/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク